読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドミトリー日記。

ドミトリーを経営しているわけではありません。

goodmorning@ドミトリー

今朝はかなり早く目が覚めた。5時になったので共有スペースに出てきたけど、私しかいない。朝からネットでBBC聴いている。理由は昨日聞いたようなブリティッシュイングリッシュを聞きたいから。 でも、こうやって街中でリラックスするインフラってよく揃っ…

特別ニートなゲストハウス

今日泊まるドミトリーは、格別ニート(清潔でシンプルっていう意味。ネガティブな意味合いなし)な所だった。 11月にオープン仕立てなんだけど、とにかくシャレててキレイ。家なんかよりかなり過ごしやすい。 今も快適な時間が持てている。共有スペースは30畳…

「ドミトリー生活」で至福にいたる。(誤)

「ドミトリー生活」すると、人生の一コマ一コマが楽しいものになってくる。なんでかはよく分からないのだが、多分「ドミトリー生活」のもたらす旅行気分が脳を活性化させ、脳を覚醒させたり、幸福物質出させたりするからだと勝手に思ってる。今だって、新聞…

ビンボーくさく行きたい。

今もネットでドミトリーハウスやシェアハウスのことググっては見てた。やっぱりイイよね、ドミトリーハウスは。住んでみたい、暮らしてみたい。 ドミトリー生活は、優雅さに欠けるが、これも又ミニマリズムの一形態だと思う。(ミニマリストが怒るか。) 自…

小汚い所で清潔に生きる。

「ドミトリー生活」すると、生活に、あるいは自分の人生に何が必須で何がそうでないかが分かってくる。ここで言う必須というのは、生きる上で最低限の条件という意味ではなく、毎日それなりに快適に生きるためには何が必要かということだ。したがって、音楽…

我が家を「ドミトリー」扱いする。

現在LDK(リビングダイニングキッチン)の一角に陣取っている。そこでお湯を沸かし、紅茶を入れ(氷は入れないけど)、一昨日買った「森茉莉」の文庫本をめくる。至福だ。ついこの前までモリマリなんて人知らなかったのに、すっかり気に入っている。この吸引…

古本屋で見つけた本を読む。

一昨日、中ノ島の古い建物の横を向けてコンビニを探しながら歩いていた。 その日は何時になく「美しい日」だった。ローケーションも良ければ日和もいい、申し分のない一日だった。 早めの昼食をビルの中で済ませて、それからスマホやらルーターやらの電源を…

「ドミトリーハウス」に泊まると生活を愛するようになる。

最近立て続けにドミトリーハウスに泊まっている。一泊1500円〜3000円。自分のスペースはあてがわれたベッドしかない。シャワー(湯船は無いか、使えない。)、トイレ、キッチン、リビングなど寝るところ以外は全て共有となる。ちょっと前の自分なら…

今日買った本「貧乏サヴァラン」(森茉莉) 筑摩書房 230円

今日たまたま入った古本屋で選んだ文庫本が、この「貧乏サヴァラン」という本である。著者の'モリマリ'って、今風の女性エッセイストなのか?って思ってたら、文豪森鴎外の娘だという。既に30年ほど前に亡くなっている。「サヴァラン」というのはフランスの…

己の欲望をいかに滅却するか。

先にも書いたけど、このブログを始めたのは自分のフーゾク依存体質から脱却したいから。中学生が自分の性欲の処理に困ってイジョーにスポーツに熱中するのに似てる。確かに若い女の子肌ほど私を癒すものは無いけれど、欲望を感じたから即対金払ってそれを満…

秋のいい日にこのブログを始める。

今日はホント、いい天気で、ビューティフルデイって言葉がピッタリだ。この秋のいい日にブロクを始めることにした。いや、こんなイイ日だからブロクを始めることにしたのかもしれない。ライティングの相棒はこの安物中華タブレット(確か7000円しなかったと思…