読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドミトリー日記

これは下書き/雑記帳。

自宅ドミトリーで中古Macを開く。

「ドミトリー」化した自宅で中古のMacbookを開いている。もう11年も前の太古機である。そんなにも古いMacをまだ持っている自分にも驚くし、それが今でも結構使えることに驚く。

これからしばらく、この太古Macbookをメインにして使っていこうと思っている。勿論ドミトリーに泊まるときにも持っていきたい。

f:id:dressbot:20170222035815j:plain

私の持っているMacBookプロは、以下のようなもの。

Model Name: MacBook Pro

  Model Identifier: MacBookPro1,1

  Processor Name: Intel Core Duo

   Processor Speed: 2 GHz

   Memory: 2 GB

   Bus Speed: 667 MHz

というMacBookで、要するに「初代インテルMac」。OSは10.6.8(SnowLeopard)がインストールされている。

こんな太古機を抱えてスタバをウロついたりもした。(結構重い)

 

このブログを書くのに、この初代インテルMacBookを使おうと思っている。

なぜか最近このMacbookを触りたくてしょうがない。そのMacbookを触るためにこのブログを書くといった方が正確か。

何か伝えたいテーマがあれば、それを柱にするのだが、それもない。スタバで開くにはデカ過ぎる、このMacBookを開いてその時書きたいことや書けることを書くことにする。

このMacに触っているとなぜか安堵感を覚える。特に仕事が上手く行ってないとか、人間関係がコジレているとかは無いのだが、なんだかこの現実に違和感を覚えている(みたいだ)し、そこから逃れたいと思っている(節がある)。その現実への違和感を埋めてくれるのがアップルの製品なのだ。別にWindowsでも変わらないだろうと思ってもみるが、やっぱりそれはダメみたいで、Mac、それも中古のMacに触って(大したことも無い)文章を打っていると、なぜかハッピーになれる。私はそれを「文書セラピー」と呼んでいる。つまり、神経を少し病んでいるヒトが精神科医に自分の思いを吐露し、それで精神の安定を取り戻すように、Macに触れて好き勝手な文章(自分の思いなんかを書く訳でもない)を書くだけで、なんだか安心感っていうか、幸福感を得られるのだ。

自分をハッピーにするのにノートパソコン、イジっていれば良いなんて安上がりではないか。しかも、そういう場を提供してくれるブログサービスが巷には溢れている(良い時代になったものだ。)

「ドミトリー」に泊まることが少なくなって書く材料に事欠いてきたので、これからはこっちを題材にして書いてみよう。なんかブログの趣旨が変わってしまった感あるけれども。まあ、いい。