ドミトリー日記

「自宅」はドミトリーで住んでいるつもりで生活してます。

久々のタブレット

久々にタブレットで書いている。私にはタブレットの方が合っているみたいで、なんかこっちの方が安らぐ。
スマホタブレットとでは、まず閲覧するものが違う。なんでそんな事になるのかはわからないけど、画面の大きさがネットへの突っ込み方を全然違うものにするみたいだ。
それで久しぶりに手持ちのタブレット3台を並べて使ってみている。どれも7インチサイズの液晶で、一つはもう日本では売っていないnextbook。それから双撃n70、最後にHuawei Youthだ。
こう書くと大げさだけど、スマホぢゃ得られない安堵がタブレットでは得られる。画面の大きさが即ち精神の安定度なのか。それなら次のiPhoneは絶対大画面のプラスにしないと。
そっかぁ、大画面ってココロに良かったのかァ。分かってなかった。
だとしたら、3.5インチの第四世代iPodなんてお話にならないぢゃないか。これにこだわってきた事が私の精神の不調の原因だったのか。(そんなこと無いと思うけど、ここは敢えて決めつけることにする!)
5インチiPhoneだって、まだまだ小さすぎる。
自分としては、片手でドンドン文章入力できて、液晶もRetinaで精細鮮明な小さめのApple端末が絶対イイと信じてきたのに、全くの間違いだったとは。
これを機会にiPodはもう全てラジオ化・ポッドキャスト端末化する。iTunesUもApple端末で無いと見られないので廃棄はしないが、なんかこれまで大切にしてきた分裏切られた感じさえする。つまり、カラダにイイと思って毎日飲んできたサプリが却って害だと分かったような。
それでもタブレットの効用を再確認できて良かった。
私において、デジタルガジェットとココロのバランスはかくも密接に繋がっているのだ。って言うか、これ「デジタル依存症」?