双撃の端末生活

個人的なブックマークです。

「のようなもの」が大切。

「アイフォ・スタバニア」の世界では「のようなもの」が大切である。実際にそうであるかどうかよりも、まさにそのように見えるというのが大切なのだ。つまり、スタバでドヤる時も、「どことなくクリエイティブっぽいヒトがいかにもデキる」ような体(てい)で、MacBookを触っていることが大切なのだ。本人もそのイメージに自己耽溺し、周囲もそれにダマされようとしている。まさにMacBookがそういうツールであり、スタバがそういう場所だというイメージを纏っているからだ。

そのことを端的に書いた本もあった。

f:id:dressbot:20180905063354p:image